皆様こんにちわ。セカンドギア店長です。
みなさんは、買取を依頼して、自分が思っていたよりもあまりにも低い買取査定にがっかりしたという経験はありませんか?

今回は、みなさんが絶対に損をしない【高価買取ショップ】と【激安買取ショップ】を上手に見分ける方法を伝授したいと思います!
実は、買取ショップの優劣がはっきりと分かってしまう方法が存在するのです。
しかもこれは、アウトドア用品に限らず、すべての買取業者に適用できる『究極の方法』なのです。

参考買取価格にはカラクリがある? 口コミ、業者比較サイトを鵜呑みにしない

★多くの買取店が掲載する「参考買取価格」

これは、あくまで「参考」であって「実績」ではありません。
大抵は小さな字で「未使用の場合の価格です」などと注釈があり、
実際の査定では「参考買取価格」通りの買取金額になるケースはほとんどないでしょう。
(セカンドギアでは査定の例を掲載する場合、必ず「実績価格」と状態を明記しています!)

★口コミや業者比較サイトについて

第三者の客観的な情報なら信頼できると考える方は多いと思います。
しかし、果たしてその情報は本当に完全な第三者によるものなのでしょうか?
一般人に扮して巧妙な提灯記事を作成する業者は数多く存在します。
自社が買取サイトを運営していることには言及せずに、自社のアピールのために比較記事を作成している情報サイトも存在しています。
よくご存知のとおり、いわゆるステマ(ステルスマーケティング)に該当する手法です。
これら玉石混交の情報の中から真実を見分けることは非常に困難と言わざるを得ないでしょう。

ステマに惑わされず、優良店を見分けるポイントとは?

さて、ここからが本題です。
その方法とは実に単純明快!
そのショップの「販売商品」と「販売価格」を見る。ただこれだけです。
カラクリがある(?)「参考買取価格」ではなく、一切小細工が効かない実際の販売商品、販売価格を見ることが重要なのです。

\優良店を見分けるポイントは2つ/

①その買取店が「商品販売」を行っているかどうか。
②そのショップの「販売商品」と「販売価格」を見る。

ただこれだけです。

①買取はしていても、どうやって・いくらで販売しているのか全く分からない

意外なことにこういったスタイルの買取店はたくさん存在します。

はっきり言います。それは「激安買取の店」です!!!

販売経路を明記できない時点で、もはや論外です。
こういった業者はメルカリやヤフオクなどで正体を隠してこっそり売っているケースがほとんどです。
では、なぜわざわざこのようなことをする必要があるのでしょうか?

それは、以下のような理由からです。

■買取業者傾向①(激安買取・激安販売の店)の場合
・商品説明から商品知識がないことが露呈しないように
・販売価格から買取価格が安いことを推察されないように
■買取業者傾向②(激安買取・適正販売の店)の場合
・安く買い叩いた商品を暴利で販売していることが買取客の目に触れないように

※後述の買取業者傾向パターンを参照

なかにはすべての商品を1円オークションで販売してしまう業者まで存在しています。
相場より安い価格で終了する可能性が非常に高いのに、なぜこのようなことするのか?

それは、商品知識がないために、店側で販売価格を決められないからなのです。
それでも十分な利益が出ているということは、まともな価格で買い取っていないという何よりの証拠です。
(セカンドギアはヤフオクでも商品を販売していますが、ショップ名を明記し、公式サイトでも紹介した上で、楽天市場yahoo!ショッピングと同様の定額販売の形をとっています)

仲買人に卸しているといったケースも中にはあるかもしれませんが、中間マージンが発生しているにも関わらず十分な利益が上がっている時点でやはり「激安買取ショップ」と断定して差し支えないでしょう。

②「参考買取価格」ではなく、実際の販売商品、販売価格を見る

\優良買取店の絶対条件とは、以下の2つが両立していることです/

①魅力的な商品がたくさんあること。
②適正な価格で販売していること。

どちらか一方だけではダメです。両立している必要があります。

★なぜそれだけで高価買取店が分かるのか?

あなたがリサイクルショップへ訪れたことがあれば、価値のあるものがありえないほど安く販売されていた、なんていう経験をしたことがあるのではないでしょうか?
掘り出し物はリサイクルショップ巡りの醍醐味ですよね〜。
そんな時「ラッキー!」と思うと同時に、こんな風に考えてしまうものです。

「こんな値段で販売してしまうなんて…(・・;) いったい、いくらで買い取ったんだろう」

まさにそのとおり!安く売っているということは、安く買い取っているということに他ならないのです。

買取店の傾向は以下の4パターンに分類できます。

「買取業者傾向パターン」

①激安買取・激安販売のショップ
⇒ 販売価格が極端に安いのは商品の価値が全く分かっていない証拠です。
(登山用品には機能面、品質面などブランドごとにさまざまな工夫がこらしてあります)

②激安買取・適正販売のショップ
⇒ 適正価格を理解していながら、ユーザをごまかして激安買取を行うため、買取のリピーターがつかず魅力的な商品ラインナップを在庫することができません。

③高価買取・激安販売のショップ
⇒ 一瞬で潰れます(^^)

④高価買取・適正販売のショップ
⇒ 買取のリピーターがついているため豊富な商品が集まります。商品価値を理解し高価買取に努めている証拠です。

③は現実にはありえないので実質3パターンでしたが…ご理解いただけたでしょうかー??
つまり、「適正価格での販売なくして高価買取はありえない」「高価買取なくして魅力的な商品の継続的な入荷はありえない」ということなのです。

「魅力的な商品」「適正価格」を判断する基準とは?

完全にあなたの主観で結構です。
そのショップのラインナップに興味がわかないときは、そこはあなたにマッチした系統の商品が集まらないショップだといえます。
つまり「あなたの品物を買い取るのに向いていないショップ」であるわけです。
興味を持ったショップを見つけることができたら、次は価格をチェックしましょう。
『決して安くはないが、本気で探しているなら買いたい価格』で販売されていたとすれば、正しい商品価値をわかっている「高価買取」を実現できる可能性が高いショップだと言えます。

以上、高価買取ショップを上手に見分ける方法でした〜。
ぜひともお客様ご自身でまっとうな買取店を見定めていただき、その上で「セカンドギア」をご選択いただけたならば、店長・スタッフ一同何よりの幸せでございます(^^)
お付き合いいただき、ありがとうございました!

セカンドギア 店主
だいぶ敵を作った気がする……。