店長の楠本です!セカンドギアのご近所さん!
カスケードロックスさんがボレアスのテントの展示会を開催しています。オープン早々攻めてますね!
4月8日・9日でセカンドギア吉祥寺店の真正面にある工務店『ジェネシス』さんのウッドデッキを借りてやるそうです。

『ボレアスってテント作ってたんだ?』という方も多いでしょう。僕もそうでした。(笑)

こちらがボレアスのティアゴ。2人用の山岳テントになります。
写真ではわかりにくいですが上から見ると六角形の形をしているんですね。
ボレアスのマークを意識してのデザインなのでしょうが、どうやらそれも伊達ではないようです。

特筆すべきはその独特なフレームワーク。ポールの頂点が側壁のほぼ真上を通る構造になっております。
それにより側壁がほぼ垂直になるため、ヘッドのクリアランスが大きく居住性が非常に高いわけです。
また、その分前室の起点も外に張り出すため、前室空間も非常に広くなっているのです。
これだけ前室が広ければフライに触れないようにシューズを置くのも余裕。雨天時にも安心して調理が可能です。

最近は軽量化のために2Pテントであっても入り口は1箇所だけのモデルも多いですが、
こちらは両サイドに出入り口が備えられております。そして上から見ると六角形…つまりこの広い前室を一人1箇所贅沢に使用できるわけです。
しかも出入り口は側面ほぼ全面がオープン可能で出入りも楽ちん。絶対快適じゃん…書いてて欲しくなってきちゃった。

デメリットは若干重量があること。あとは、少々広すぎることでしょうか。

2人用の自立式山岳テントで2100グラムは近年の基準でみれば決して超軽量とはいえないかもしれません。
ですが、テン場での快適さを重視する方にしてみれば十分なバリューはあると思います。

大抵の2Pテントは本当に2人で使用するにはギリギリであることが多いですが、
こちらは本当に2人で快適に過ごせる空間をそなえているため、
2Pテントを一人で贅沢に使用するのが好きな方には少々持て余してしまうかと思います。
また前室が張り出しているということは設営に場所をとるということでもあります。
岩稜帯の狭いテン場やシーズンの涸沢などスペースの確保が難しい場面では厳しいかも。

二人泊専用の超快適テントTIAGO。
いつも決まった山の相棒がいる方は選択肢に入れても良いのではないでしょうか。
実際に現物を見られる機会はなかなかないと思いますので興味のある方は是非!

お問い合わせ:カスケードロックス http://cascaderocks.tokyo/ 0422-27-5762

中はフルメッシュで通気性抜群。出入り口はこんなにガバッと開くんです。

垂直に近い側面。広い前室。水仕舞いも良さそう。

独特なフレーム構造。

広いヘッドクリアランス。余裕で座れます。



登山用品・アウトドア用品専門 高価買取店 セカンドギア